初めてのタブレットPC

パソコンに詳しくない私でも、昨年あたりから急に気になっていたのがタブレットPCです。

いままでタブレットの類はそんなに欲しくはありませんでした。アップル社が出しているiPadだって、どうせ通信費がかかるものだろうとタブレット本体の利便性よりも、その通信費の高さばかりに目が行き使う事など考えもしなかったのです。

ところが友人などがちらほらと持ち始め、はじめてそのiPadを借りて使ってみたところ、その画面の綺麗さやタッチパネルの使いやすさに感動さえ覚え、何と便利なものだろうと認識を新たにしたんです。そこからタブレットPCを持つことの憧れが始まりました。そもそもタブレットPCに目を向けていなかった私は、巷にどんな種類のものが存在しているかも知らず、すぐにネットで情報をかき集めました。

それで分かったのが無線でのインターネットの環境を整えるのには、全部が全部、通信会社と契約する必要がないとうのが分かりました。私の周りのiPadユーザーは家から持ち出しても、インターネットが使えるように契約をしているので、ずっとそんな風に使うには個別に契約を済ませなくてはならず、余計に通信費の負担がかかると思い込んでいましたが、何も家の中で使う分には家のインターネット環境を利用すればよいというのが分かったんです。

それとタブレットPCには比較的安めの中華パッドと呼ばれる種類のものも存在し、こちらは数千円から揃っており、1万円以下で買えるものも多数存在するというのが分かりました。こちらは性能の面や画面の解像度が落ちる分、安く買えるのです。当初はiPadを購入しようかと踏んでいた私も、この安さに驚いて、多少のリスクを覚悟で1万円のタブレットPCを購入してみました。

それで今現在、家にはその中華パッドがあります。家のインターネットを無線で飛ばせるように、wifi環境を整えるべく、無線lanルーターも購入しました。iPad並みとは言えないけれど、これはなかなかちょっとした調べものや動画を見る分にはすごく便利な代物です。少し前までは考えられなかったこの環境、時代の変化の速さに驚くばかりです。